なぎまるブログ

ゆる〜く高配当株投資を実践し、経済的自由を目指す男のブログ

投資

人気の米国高配当ETFのここ1ヶ月の値動きを比較

投稿日:

こんにちは、なぎまるです。今回は米国高配当ETFの人気銘柄をここ1ヶ月間(2月20日〜3月19日)の値動きを比較していきたいと思います。

今回比較するのは

  • バンガード社のVYM(バンガード・米国高配当株式)
  • ステートストリートのSPYD(SPDR ポートフォリオ S&P 500 高配当株式 ETF)
  • ブラックロックのHDV(iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF)

の米国高配当ETF人気銘柄三つです。

私はSPYDとHDVを2月下旬に日本株式を全て売却した資金で追加購入しています。詳しくはこちらの記事↓

悩んだ末、米国ETFのHDVとSPYDを追加購入しました

私自身、たった1ヶ月で約30%も資産が減少するとは思っていませんでした。

これまでの1ヶ月はコロナウイルスの影響や原油価格の下落もあり相当値動きの激しい期間でした。この期間を振り返るためにVYM・SPYD・HDVの3銘柄の値動きを比較しておきたいと思います。

現在投資をしている方、これから投資を始めようとしている方にも参考になれば幸いです。

人気米国高配当ETFのここ1ヶ月の値動きを比較

天秤

まずは銘柄ごとのデータを比較してみます。

銘柄設定年数基準価格(USD)資産総額(10億USD)経費率(%)分配利回り(%)構成銘柄数業種上位(%)
VYM200666.8222.2790.063.32398金融((18.3)
消費財(14.4)
ヘルスケア(14.1)
SPYD201523.621.4860.076.7179不動産(17.72)
消費財(16.89)
エネルギー(11.89)
HDV201169.325.5500.084.575ヘルスケア(20.38)
通信(20.21)
エネルギー(14.86)

VYMの特徴

  • 年数が最も長い
  • 資産総額がダントツで多い
  • 経費率が最も低い
  • 構成銘柄数が多い

SPYDの特徴

  • 年数が最も短い
  • 基準価格が低い
  • 分配利回りが最も高い
  • 不動産の構成が高い

HDVの特徴

  • 設定年数は2番目に長い
  • 資産総額は2番目に多い
  • 分配利回りは2番目に高い
  • 構成銘柄数が最も少ない

VYMは年数が長く資産総額・経費率が優秀で構成銘柄数が多く分散が効いていますが、分配利回りは他の二つよりも若干劣ります。

SPYDは設定年数からまだ浅く、基準価格が低いです。分配利回りが最も高いこと、不動産の比率が高いのが他の銘柄には無い大きな特徴です。

HDVは二つの銘柄の間って感じですね。構成銘柄数が少ないですが、少数精鋭って感じでしょうか。

3銘柄の1ヶ月の値動きを比較

Bloombergより

赤がVYM

オレンジがSPYD

青がHDV

となっています。 (2月20日〜3月19日まで値動きです。)

VYM-28.83%
SPYD-40.46%
HDV-27.51%

2月20日から1ヶ月間の下落率はSPYDがダントツで高く-40.46%、ほぼ横ばいでVYMが-28.83%、HDVが-27.51%でした。

VYMとHDVではそこまで差はありませんでしたが、SPYDがダントツで値下がりする結果となりました。

【まとめ】同じ米国高配当ETFでも、銘柄構成次第で暴落相場の値動きに大きく差が出てくる

VYM・SPYD・HDVの米国高配当ETF3銘柄は、米国株式で構成されている高配当を目指したETFという点では共通していますが、構成するセクター・個別銘柄・構成銘柄数によって暴落相場の値動きに大きく差が出てくることがわかりました。

VYM・SPYD・HDVの3銘柄の構成上位銘柄を見てみると、

VYMの上位銘柄
SPYDの上位銘柄
HDVの上位銘柄
  • VYM・・・約400銘柄が時価総額加重平均で構成されている
  • SPYD・・・配当支払い上位80銘柄に均等に分散して構成されている
  • HDV・・・75銘柄が時価総額加重平均で構成されている

同じ高配当ETFでも投資されている銘柄数・個別銘柄・銘柄の比率には大きな違いがあることがわかります。

VYMは約400銘柄とSPYD・HDVと比べるとダントツで幅広く分散されています。

SPYDは配当支払い上位80銘柄に均等に分散して構成されています。

HDVは構成銘柄数は最も少ないですが、上位銘柄10社だけで約6割以上の構成比になっています。

約400銘柄と幅広く分散されているVYM・財務健全性の高い上位銘柄の割合が高くなっているHDVに比べると、分配利回りに特化したSPYDはその分だけ相場の下落には弱いのかなということが今のところの私の考えです。

今後、どのくらいの期間に渡って相場の下落が続くかわかりません。判断が難しいところですが、暴落に強いポートフォリオを組みたいならETFでも銘柄を分散して投資をしたり、さらに安定させたいなら債券ETFなどを組み込む必要性があると私は感じました。

それでも今回のような相場の下落は長期投資家にとってはチャンスだと思うので、自分のリスク許容度に合った投資を継続できるように考えていきたいと思います。

あまり参考にならなかったと思いますが、皆さんも今回の相場下落を機に自分のポートフォリオを改めて見直してみましょう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

-投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1ドル110円突破で円安ドル高が進行中!

こんにちは、なぎまるです。昨日も最近のドル価格について書きましたが、今日はついに1ドル110円を突破して、現在110.3ドル付近です。 午後3時のドルは一時110円、米長期金利高で1年ぶり高値 米長期 …

米国株ETF・インデックス投資信託積立報告(2020年5月)

こんにちは、なぎまるです。今回は、2020年5月分の米国株ETFとインデックス投資信託の積立報告をしたいと思います。 世界経済全体で暗いニュースが続いていますが、株価は割と堅調に回復基調を見せてきてい …

ビットコインが最高値更新!明日のコインベース上場の影響か

こんにちは、なぎまるです。13日にビットコインが、6万2741ドルを付けて再び最高値更新しました。 ビットコインが最高値更新し6万2741ドル、イーサリアムも 私は、昨年11月から毎月約1万円ずつビッ …

今回の株価暴落で改めて個別株投資の難しさを実感

こんばんは、なぎまるです。ここ最近は新型コロナウイルスの影響で株価が急激に下がる日が多くなってきました。これはもうコロナショックと言ってもいいレベルじゃないでしょうか。私が最近追加購入したHDVとSP …

【米国総合債券】AGGに追加投資しようと思います【ETF】

こんにちは、なぎまるです。今月3月は、米国ETFからの分配金が入金される月なので、分配金の再投資先を考えていたのですが、今回は債券ETFのAGGに追加投資しようと考えています。 配当金は、できれば株式 …

プロフィール

経済的自由を目標に米国高配当株をメインに投資中。 運用額1000万突破。田舎暮らし低年収なのでゆっくり資産形成を目指します。2020年1月に投資(資産記録用)のブログ開設。 趣味は読書・ゲーム・サウナ。2021年はキャンプとライブに行きたい。日向坂が好き。

ブログ村バナー

PVアクセスランキング にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。